ハウスメーカーの魅力

コスパでおすすめのハウスメーカー

コスパでおすすめのハウスメーカー

コスパでおすすめのハウスメーカー 新築住宅を建てる時に選ぶハウスメーカーで、コスパの良い会社選びをするには一定の条件があります。あまりにデザインや用いる住宅資材にこだわり過ぎているハウスメーカーは比較的割高になります。
1軒ずつ異なる外観を持ちながらも住宅の構造や外壁材、屋根材などを固定したメーカーのものを共用している場合や、屋内側では水回りの設備機器も同じメーカーや同じ面積で共用しているハウスメーカーもおすすめできます。
その背景には大量に住宅資材を各メーカーから仕入れをしていることで、仕入れ単価を下げることができ、同時に同じ資材を使うことにより職人が取り扱いに慣れていることも理由としてあげられます。
完全に同一ではなくても、カタログ上で選べる範囲が決められているようなハウスメーカーは取引上で優位性を保っているのでそれだけ安く資材購入から施工を行えるという理屈です。
注文住宅の場合は施主により要望は異なるものですが、コスパ重視で選ぶことを優先させるには資材類の共用化の他に、年間に受注をしている軒数が多い会社も必然的に価格は安くなる傾向にあるので、各社の施工数を確認する方法も効果的です。

地震に強い家が欲しい人は必見。ハウスメーカー選びで大切な耐震等級3

地震に強い家が欲しい人は必見。ハウスメーカー選びで大切な耐震等級3 多くの人にとって「家を建てる」、「家を購入する」ということは一生に一度の大きな買い物です。
ハウスメーカーのモデルルームなどへ行くと外観や外構、間取り、内装、設備と視界に入ってくる部分に目が奪われ夢が膨らみがちですが、家づくりで最も重要なポイントの一つである「耐震性」にも目を向けることが大切です。
日本は昔から地震大国ですが、過去30年では阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震と震度7クラスの大きな地震が続き、今後も南海トラフ地震が30年以内に70~80%の確率で発生すると予測されているからです。
建物の耐震性は「耐震等級」という指標で表されますが、この等級は等級1~3の3段階に分かれています。耐震等級3が最も耐震性が強く、建築基準法レベルの耐震性である耐震等級1の1.5倍の地震力に耐えられる強さです。
この耐震性はハウスメーカーによって異なります。このため、ハウスメーカーと契約する際には実際に建築する家が耐震等級3の強度となるように「構造計算」をしてもらうことが重要です。

新着情報

◎2020/9/28

コスパでおすすめのハウスメーカー
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「住宅 コスパ」
に関連するツイート
Twitter